サラ金の注意点

サラ金を利用するに際して、いくつか注意しておくべき点があります。もちろん注意すべき点はたくさんあるのですが、一番気を付けないといけないのは金利や返済に関してです。もっと言うと借りすぎです。金利や返済方式などについて理解しておかないと返済ができなくなってしまい最終的には闇金や自己破産という問題にも発展しかねません。
その次に気を付けないといけないのは、ちゃんとしたサラ金業者であるかどうかです。例えば、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)は三井住友フィナンシャルグループで、モビットは三井住友銀行グループの会社ですので、比較的安心して利用することが出来ますが、そういった信頼感のある業者ではないところからお金を借りてしまう人が多いのも事実です。
お金の問題というのは非常に深刻で緊急性が高いので、チラシの広告に載っていた名前も知らないようなサラ金からお金を借りてしまい、執拗な取り立ての被害を受けてしまうこともありますし、最悪の場合は合法的なサラ金だと思っていたけど、実際にふたを開けてみると違法な金利を要求する闇金だったなんてこともあります。
金利や返済についての知識をしっかり身に着けることと安心して利用することが出来るサービスを見つけること、この2点がとても大事ですので、これらを中心に詳しく解説していきます。

▼サラ金の金利を確認しておこう

サラ金の金利は年1%~20%の間で設定することになっています。年20%を超える金利は違法となり、刑事罰の対象になるので正規の業者でこれを超える利率での貸し付けは行われません。金利は融資額によって決定するのが一般的です。サラ金は少額融資が目的なので銀行などに比べると金利設定は高めになっていますが、融資額が上がれば金利を下げてもらうことも可能です。目安としては、年4%~18%での貸し付けが多くなっています。つまり、このケースだと融資額に応じて最高で年18%、最低で年4%での貸し付けになるということです。また、返済時には毎月の返済日と返済額が決められています。例えば毎月25日に1万円ずつの返済となっているのなら、この返済を守らなくてはなりません。もしも返済が遅れてしまうと遅延損害金が発生します。遅延損害金とは文字通り、返済が遅れたことに対する損害金です。返済が遅れた日数分だけ支払うことになり、例えば25日約定で実際に返済したのが30日の場合は5分の損害金が必要です。遅延損害金も年1%~20%の間で設定することになっていますが、この場合は殆どの業者で年20%で設定しています。通常であれば元金+利息のみの返済ですが、返済が遅れると元金+利息+損害金の負担となるので、返済は守るようにしましょう。金利は素人には難しいと思われていますが、実は仕組みは簡単です。最低限の知識で構わないので利用する前に確認しておいてください。

▼初めてでも比較的借りやすいサラ金だとしても返済はしっかりと

サラ金のサービスは、一般市民でも手軽に活用出来ます。個人事業主や中小企業を対象とした貸し付けサービスが目立つ現代ですが、キャッシングなら、普通の会社員の男性やOLの方でも融資してもらえます。学生時代に奨学金の融資を受ける人々は多いですが、その際の審査基準はなかなかに厳格です。翻ってサラ金のキャッシングサービスなら、融資を対象申し込む際に、目的によって審査落ちする事はありません。ショッピング目的でも審査はパス出来ますし、欧州旅行への旅費、当面の生活費、家賃や医療費の払い忘れ等、多彩な目的で融資が受けられます。審査のスピードも民間のキャッシングなら極めて迅速です。今週の週末までにまとまった金額の現金が必要になった、そんなピンチの時はサラ金の店頭に足を伸ばし、相談しましょう。またネット環境がある方なら、パソコンで申し込みをする事も可能です。キャッシングサービスの公式サイトには、返済シミュレーションといったコンテンツがあり、その名前の通り、融資を受けた際の返済額や期間がシミュレート出来ます。かつて深刻な社会問題となったグレーゾーン金利ですが、今日では既に存在しておらず、国の指導によって明瞭に分かりやすく金利を表示する義務が企業側に課せられました。そのため、キャッシングを初めて利用する方でも公式サイトを見れば、実際に借りる前に具体的な金利が把握出来るため、以前にも増してサービス利用のハードルが下がりました。キャッシング利用前には綿密な審査が設けられていますが、正社員の男女はもちろんの事、いわゆる定職に就いている方から十分パスする可能性がありますが、それでも計画なご利用と返済を心がけましょう。

日本貸金業協会の会員であるサラ金業者を選ぶ

最初に、本当に借りる必要があるかどうか、よく考えてみてください。
削れるところは削って生活してみることも重要です。
それでも足りず、サラ金を利用するならば、まずどの業者を選ぶか考えなければなりません。
たくさんの業者が営業していますが、日本貸金業協会の会員である業者であるか確認することが重要です。
日本貸金業協会は、内閣総理大臣の認可を受けた法人であり、適正な貸金業の運営を行うように厳しく管理されていますので、法律で決められた以上の利息を取られたり、無理な催促をされたりすることがありません。

続きを読む

サラ金での借入と返済

消費者金融から借入れを受けたら、借りた金額に利息を付けて返済をしていかなくてはなりません。
そこで、返済における注意点を把握しておきましょう。
返済では毎月返済日が設定されており、その日までに毎月決めた額を返済をする契約になっています。
この取り決めを約定返済といいますが、約定返済を破るとペナルティが課せられるため注意が必要です。 続きを読む

便利なサラ金にも注意すべき点はある

サラ金は手軽にお金を借りる事ができる場所としても有名ですが、100%安全かと言ったらそうではありません。
利用する人によってはその人の人生を大きく変えてしまう事も有ります。
安全に、そして安心してお金を借りる為には融資を受ける時の注意点をよく理解しておきましょう。
そうすれば大きな失敗をする事もないので、トラブルを起こさずに融資を受ける事ができます。 続きを読む

サラ金での借りすぎは絶対に避けよう

消費者金融から借りるなら、借りすぎない注意点を覚えておきましょう。
ローン初心者は緊張しながら借りるものですが、人間は慣れてしまう生き物です。
ローンに慣れたときほど、借りすぎてしまう傾向があるものです。
最初は10万円借りるのも緊張するものですが、ローンは長期返済も可能なので、月の返済額はかなり少なく抑えられます。
すると、もっと借りても問題ないと思えてくるわけです。
そうして、20万円、30万円と借入額が増えてくると、月の返済も厳しくなってきます。
返済が厳しいと思うようでは、すでに借りすぎている証拠なのです。 続きを読む

20110516追加 728*90